葬儀・通夜のマナーTOP > 葬儀・通夜持ち物

葬儀・通夜持ち物 | 葬儀マナー記事一覧

 

香典

香典を用意する時のマナーとしての基本は、仏教・神教・キリスト教によって袋の種類が違うので香典袋を間違えないようにするという事です。
また、表書きに書く名前は名字だけではなく氏名を、中の封筒には住所や金額も書くなどのマナーがあります。
葬儀に夫婦で参列する場合の香典袋の表書きは、夫の名前で構わないでしょう。
親子で参列する場合は、若干、考え方が変わってきます。
同居でも別居でも、親世帯・子世帯で、香典は別々に用意するようにします。
しかし、子どもが学生であれば、親子の連名もしくは親の名前だけで構わないでしょう。

また、通夜と葬儀の両方に参列する場合、香典をどちらで出すのかは、地域によって違うようです。
受付で記帳をするのは、香典があるないに関わらず、行うようにします。
記帳簿は、通夜用・葬儀用と分かれていますし、香典は香典用のリストが作られます。
ですから、香典を持参してきていないからといって、記帳をしないで帰るようなことはやめましょう。
記帳に関しては、参列者は全員書くようにしましょう。

例えば、夫婦で参列したのなら、夫も妻も名前を書くようにします。
しかしながら、絶対というわけではありません。
一人しか書かなくてもマナーに反することにはなりません。
ただし、遺族側から見れば、会葬者には会葬御礼の品をお渡しするわけですから、何人見えて、その人数分のお返しができたのか・・・を分かりやすくするためにも、記帳がしっかりされてあると親切かと思われます。

香典2

葬儀に参列する時に、一番悩むのが香典でしょう。
いくら包めば失礼にならないのか、表書きはどうしたら良いのか等、いろいろなマナーがありますから、間違えないようにしましょう。

通夜と葬儀の両方に出る場合は、葬儀の時に香典を持参するのがマナーです。
香典袋には、いろいろな種類があります。
仏式の場合は、黒白の結び切りの水引がついたものを用意しましょう。
結び切りには、二度と繰り返されないという意味があり、結婚式にはこの赤白を持って行く事は常識とされています。
この時、表書きには『御香料』とします。
神式の場合は、黒黒の結び切りで『御神前』、共通のものとして使って良いのは、黒白の結び切りで表書きは『御霊前』と入れるようにします。
キリスト教式であれば、結び切りはつけずに『御花料』といれるようにします。
現在は、印刷されたものも売られています。
金額が低いならば、印刷されたものに入れるなど、金額相応の香典袋を用意するようにしましょう。

また、氏名を入れるペンは、薄墨の毛筆で書くようにします。
連名の場合は、目上・年齢の順に右側から書きます。
文房具売り場に行けば、薄墨の毛筆ペンが売られていますから、一本常備しておくと良いです。

包む金額は、5,000円が平均とされています。
親族であれば、10,000円はいれるようにしましょう。
身内に至っては、10万円とも言われますが、親族で相談して決めてはいかがでしょう。
また、以前に頂いたことがあるのならば、同等の金額を包むようにしても良いでしょう。

葬儀に参列できない時は、香典を郵送してもマナー違反にはなりません。
現金書留で、喪主宛に送りますが、お悔やみの手紙も同封するようにしましょう。


数珠

葬儀に参列するのに、数珠を持って行くことは、マナーとしてよく知られています。
数珠は、本連と呼ばれる一重のもの、二連と呼ばれる二重にして用いるものがあります。
また、男性は大きい珠のものを、女性は小さい珠のものを用いるのが一般的です。
どの種類を使用するかは、宗教によって違います。

しかしながら、参列する葬儀が、自分の家の宗教と同じとは言い切れません。あらかじめ宗派が分かっている場合は良いのですが、分からないときには、略式数珠を持参するようにしましょう。
略式数珠は、どの宗派でも使用して良いもので、一重の輪で出来た数珠です。
同じく宗派を気にしない数珠に略式二輪数珠があります。
これは、数珠の輪が二連になっていて、正式な数珠と同じ数の珠がありますので、立派に見えるというメリットがあります。

これから結婚される方などは、嫁ぎ先の宗派によっては、数珠を買いなおさなくてはいけないでしょうから、略式数珠を一つ持っていると良いでしょう。
マナーとして、数珠は貸したり借りたりするものではありません。一人ひとり、自分の数珠は持つようにすると良いです。

葬儀では、数珠を持つ場合や合掌する時の数珠の持ち方にもマナーがあります。
数珠を持つときは、左手首にかけるか、左手で持つようにします。
合掌するときは合わせた両手の親指と人差し指の間に数珠をかけて、拝むようにします。



ふくさ

葬儀や通夜に香典を持って行く時、何に包んでいかれますか?
マナーとして香典は袱紗に包むものとされています。
現在は、財布型のふくさもあって、入れて出すだけなので、難しくありませんね。

ふくさに香典を包む場合は、中央に置いた香典袋の右・下・上・左の順にふくさを折ります。
結婚式で祝儀袋を包む場合は、この逆で、左・上・下・右の順になります。

ふくさから香典を出す時のマナーも見てみましょう。
受付の方の目の前で、ふくさから香典を出すのは失礼な感じがするかもしれませんが、そうではありません。
マナーとして、受付の方の目の前でふくさをあけて、香典を差し出すのが正しいとされています。
もちろん、香典袋の向きにも気をつけましょう。自分の方へ向けていたり、裏返っていないようにします。
受付が無い場合は、遺族の方に直接手渡しても良いでしょう。

もしも、ふくさを持っていなくても心配は無用です。
そんな時は、受付の前へ進み出る前に、あらかじめバッグから香典袋を出しておけば良いのです。
家に小風呂敷があれば、それを使っても良いとされています。
剥き出しで、持参するよりは格好がつくのではないでしょうか。

また、葬儀用のふくさの色は地味な色ならば問題ないとされていますが、ふくさで一番 一般的なものは、紫色のふくさです。
一見、派手にも思えますが、これが一枚あれば葬儀にも結婚式にも使えます。
もしも、お持ちでないのならば、一枚常備しておくと便利でしょう。
数珠などと一緒に保管しておくことをお勧めします。


供花

最近は、故人の好きな花で祭壇を色取り取りに飾ってくれる葬儀社もあります。
昔ながらの菊や蘭、百合といった白いお花だけの祭壇は、あまり見かけなくなりました。

また、祭壇横に並べられる供花も色とりどりの花が多くなりました。
葬儀に参列する時には、香典を持っていきますが、マナーとして香典ではなくても供花や供物でも良いとされているのをご存知ですか?
供花を贈る場合は、通夜ならば当日の午前中に、葬儀ならば前日までに届くように手配をすることがマナーとされています。

供花にはさまざまなスタイルがあり、スタンド・アレンジ・花輪・花束・樒(しきみ)の5種類があります。
花束やアレンジは一つで構いませんが、他のものは二つで一対となります。

花束は、出棺の時に棺の上に置かれることが多いので、故人が好きだった花であれば、遺族にも大変喜ばれることでしょう。
自分で手配をする場合は、式場の住所・日時・贈り主の名前を忘れずに伝えましょう。
どんなスタイルで、供花を贈ればいいか分からない時は、遺族か葬儀社に連絡を取って確認することをお勧めします。




礼服

葬儀には、礼服を着ていくのはマナーとして良く知られています。
いざという時にあわてなくて良いように、一着は持っておきたいものですね。

しかしながら、夏の暑い日の葬儀に冬用の礼服を着ていくわけにはいきません。
オールシーズン対応の素材であれば良いですが、現在は夏用・冬用の礼服を用意されている方も多いようです。
夏用の礼服は5月から9月頃まで、他の時期の葬儀は冬用の礼服で良いでしょう。

女性は、パンツスタイルでも、マナーに反するわけではありませんが、スカートのほうが格が高いとされています。
しかし、肌を見せすぎたり、透ける素材、スリットが深く入ったものは避けたほうが良いでしょう。
ストッキングは黒色にするのを忘れないようにして下さい。

礼服は普段、着るものではないので、タンスに入っていることが多いのではないでしょうか。いざ、葬儀で着ようとしたら体型に合わなくなっている事も、あるかもしれません。
1年に一度は、袖を通してチェックしてはいかがでしょう。
年齢にあった服装かどうかもチェックすることができます。

アクセサリー類は、パールが一般的です。他に黒珊瑚やオニキスも良いとされています。
ネックレスは、一連のものを用いるようにします。
蓮が長すぎるのは、華やかな印象を与えてしまいますので、避けるようにします。
マナーとして、光沢がある素材のバッグや靴などは、用いないようにしましょう。
礼服と同じく、普段は履かないように管理しておくといいです。